工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定

工事現場

土壌整備に欠かせない要素

土壌汚染を防ぐ為には、各工事現場でリサイクルを意識した残土ふるい作業を行うことが必要です。また、滞りの無い残土ふるい作業を進める為には、残土ふるい機と人的労力のバランスを考慮した予算やスケジュールを組むようにしなければなりません。

詳しく見る

工事現場の残土処理

男性

資源を無駄にしない

工事現場では不要になった土、いわゆる残土はたくさんでてきます。それらは集めて別の場所に運び処理するのが一般的ですが、ぜひ資源ととらえてみてください。工事現場からでる残土はさまざまなものが混ざっている状態です。木片や石だけでなくときには、ビニールやプラスチックゴミなども混ざっています。まずは、有効に活用するために残土ふるいにかけてビニールやプラスチックゴミなどは取り除き、目的に合わせて木片や石も取り除きます。残土を残土ふるいにかけることで、使いやすい土が生まれ品質も一定した状態の土になります。もちろん、このまま使用することもいいですが、使用する目的に合わせて他の土と混合すればより使い勝手のよい土ができあがります。残土は何もしなければ、ただの産業廃棄物ですが、残土ふるいにかけるだけで資源として生まれ変わり、販売もできる状態の土になります。大掛かりな工事が行われる工事現場ではたくさんの残土が毎日あふれ、その処理に頭を悩ませている会社は多いでしょう。しかし、残土ふるいにかけて選別することによって資源として活用できる良質な土へと生まれ変わります。残土ふるいができる機械は、特殊な機械なので、レンタルを行っている会社も多数あります。また、残土ふるいの機械は工事現場に持ち込めるタイプもあるので、処理をその場で行うことも可能です。産業廃棄物を減らす意味でも、工事現場からでる残土の処理を残土ふるいで処理することを検討してみましょう。

レディ

土をリサイクルできる

残土ふるい機は工事現場などででた土をふるいにかける機械のことです。ふるいにかけることで土を均質化することができます。その場でリサイクルすることも可能になるためコストや手間の削減にも役立ちます。破砕機や土質改良機ともよく連携して使われています。

詳しく見る

工事現場

各企業の残土受け入れ態勢

残土ふるい作業において、土質がどの程度改良されるのかをシミュレーションする為には、予め工事現場の土壌調査を行い、その調査結果を基に残土ふるい機で期待出来る処理内容を導き出すことが必要です。この取り組みによって、残土受け取りの見積もり精度を高めることが出来ます。

詳しく見る

Copyright© 2018 工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定 All Rights Reserved.