工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定

効率良く処理するために

男女

現場の状況で決める

工事現場や建設現場で発生する残土は、法律的に再利用できるようにリサイクルしなければいけません。そのときに粒子の大きさを選別するのに使われるのが残土ふるい機になります。残土ふるい機は、それだけで利用するものではなく、バックホーや再生土生成機など他の機器とともに組み合わせて使うことになるので、現場に応じた最適な機器の組み合わせを最適な配置をしなければ効率が落ちてしまうので注意が必要です。利用する残土ふるい機を決定するには、現場の規模や発生する残土の性質によって決まってきます。大規模な工事現場でその場所で長期間に渡って工事が行われるような場合には、発生する残土の量も多くなるため残土をリサイクルするのにもプラントを組んだ方がよくなります。そんなときには、残土ふるい機は処理量の多い大型のものを用意した方がよいでしょう。道路工事のように移動しながら残土を処理する場合には大規模なプラントを用意することは難しく、もしプラントを準備していたとしてもその場所まで残土を運搬する手間が多くなってしまいます。そこで残土ふるい機は自走式の小回りのきくタイプのものを選ぶとよいでしょう。発生する残土の性質によって振動式か回転式のどちらの方式の残土ふるい機を選ぶべきかが変わってきます。乾いた残土が大量に出て、何種類かの大きさに分別したい場合には振動式の方が効率がよくなります。一方、水分を多く含んだ残土の場合には回転式の方が剥離力が強いので回転式を選んだ方がよいでしょう。

Copyright© 2018 工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定 All Rights Reserved.