工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定

土をリサイクルできる

レディ

使われている理由

建築現場や工事現場では多くの土が発生します。ですがそうした土の多くはそのままでの再利用ができません。なぜかというと大きさの違う石や砂利、砂、土、瓦礫、植物などが一緒くたになっているためです。これらの土をリサイクルするためには、残土ふるい機を使うのが確実です。残土ふるい機とは、その名の通り土をふるいにかける機械のことです。土をふるいにかけると、土の大きさがだいたいそろいます。ふるいの目は粗さが様々なものがあるのが一般的で、目的や土の状態によって使い分けることが多いです。まずは目の粗いふるいを使い、その後細かなふるいを使います。大きな岩石がある場合は岩石破砕機と連携することでより効率よく土を処理することができます。土質改良機と連携すればより質のよい土を作ることも可能です。残土ふるい機の多くは自走式なので、日々刻々と状況が変わる建築現場でもじゃまになることなく利用することができます。建築現場や工事現場ででた残土をそのままリサイクル資源化することが可能なので、場合によってはその場でリサイクル土を利用することもでき、コスト削減と資源保護、手間の削減に役立ちます。残土ふるい機はレンタル品や中古品も数多く出回っています。破砕機や土質改良機とセットでレンタルしていたり販売されていたりするので、セットで使いたいときにも便利です。長く使うのならば新品購入もよいですが、導入を試してみたい場合、短期間の利用にとどまる場合は中古やレンタルの利用もよいでしょう。

Copyright© 2018 工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定 All Rights Reserved.