工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定

各企業の残土受け入れ態勢

工事現場

残土処分に必要となる費用

ほとんどの工事現場では、残土の取り扱いに苦慮しています。基本的には、法律や条例を守る上で残土ふるい作業が行われています。しかし、最近では、現場に居ながら有害物質が取り除かれた状態にまで分別してくれる残土ふるい機が提供されるようになり、条件次第では、大幅に作業コストを削減することが可能になりました。しかし、大半は、大まかに分別されたものを残土受け入れ先へ運ぶことになります。残土を受け入れてくれる企業の中には、ホームページを開設し、料金表のページを掲載しているところが幾つかあります。しかし、受け入れ条件が細かくて分かり辛いことから、データが不十分な状態で詳細に見積もることは難しいとされており、あくまでも目安として捉えることしか出来ません。その為、比較対象として、自前で高性能な残土ふるい機を用意し、完全にリサイクル可能な状態になるまで土質を改良させた場合の費用を見積もっておくことが必要です。つまり、残土ふるい作業の手間を省くか、残土ふるい作業を徹底的に行うかの選択に迫られることになります。少しでも受け入れ単価を上げる為には、残土から多くの不純物を取り除くことが必要です。そこで、受け入れ単価を上げる為に費やす費用が成果に見合うかどうかを冷静に判断しなければなりません。その為には、予め工事現場の土壌調査を行い、その調査結果を基に残土ふるい作業のシミュレーションを実施するようにします。そうすることで、見積もり精度を高めることは十分に可能です。

Copyright© 2018 工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定 All Rights Reserved.