工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定

土壌整備に欠かせない要素

工事現場

リサイクルを意識する理由

道路工事現場、河川工事現場、建設工事現場等では、掘削作業は欠かせません。その為、どの工事現場でも残土の取り扱い方を常に意識しておくことが必要です。基本的に、汚泥状態の残土は産業廃棄物として処分されますが、それ以外はどこかで再利用されます。しかし、全く分別されていない状態で埋め立てられたりすることは土壌汚染に繋がることから、リサイクルを意識した取り組みが必要となります。その際、大いに役立つのが残土ふるい機です。残土ふるい機は様々な機種が提供されていますが、どれも万能タイプというよりは、一連の作業の一部分を担うものが多くを占めています。残土ふるい作業においては、残土をどの程度分別し、どのような状態に落ち着かせるのかは、現場の状況や分別後の搬送先によって異なります。その為、どのような残土ふるい機を使用するのかを検討するだけでなく、費用面や作業期間も含めて、購入するのかレンタルするのかも考慮しなければなりません。更に、残土ふるい作業は、残土ふるい機だけでなく、人的労力も欠かせませんので、機械を操作出来る人や分別をサポートしてくれる人を確保しなければなりません。このように、残土ふるい作業を滞りなく進める為には、様々な要素の兼ね合いを図りながら予算やスケジュールを組む必要があります。最も理想的なのは、最終的に分別されたものから汚染物質が取り除かれることです。その為には、幾つかの機種を併用したり、汚染物質を除去してくれる機種を取り入れることが必要です。

Copyright© 2018 工事現場で欠かせない残土ふるい機|使いやすい土が生まれ品質も一定 All Rights Reserved.